« これからも いつまでも | トップページ | 久々の勝利 守備の改善と課題(vs徳島 »

2015年7月30日 (木)

8.1 徳島戦に関するアレコレ

こんばんは


いよいよ8月に入りますね
まだまだ暑さは続くので熱中症には気をつけましょうね

さて、ジェフの8月一発目の相手は徳島ヴォルティスです
正直、フクアリでの徳島戦はいい思い出がありません…(笑)
ですが、これ以上立ち止まるわけにはいかないですから、勝利が欲しいところです

というわけで、この徳島戦で僕が個人的に注目してるところを上げてみたいと思います
僕の一人言だと思って見てみてくださいな

1、改善必須なロングボールへの対応


先日の熊本戦ではロングボールの対応のまずさから2失点も食らってしまいました
関さんも改善しなければならないとおっしゃっていました
僕も約8年間くらいCBを務めていたので、あの失点の仕方には「えー…」とため息が出てしまうほど
CBがロングボールをバウンドさせることはやってはいけないことです

ですが、ロングボールへの対応の仕方は単純ではありません
ロングボールへの対応で大切なのは「声」「ラインコントロール、」「チャレンジ&カバー」などなど大切なポイントがたくさんあります
CBなら絶対に忘れてはならないことです

熊本戦の2失点のシーン
ロングボールの落下地点にいたのはいずれも富澤選手でした
熊本は意図的に富澤選手を狙っていたようにも見えました
徳島戦ではCBの組み合わせに変化がありそうですね
守備の改善は必須です
個人戦術で守るのではなく、組織で強固な守備を期待したです

2、少し寂しい攻撃のバリエーション
裏へのチャレンジ、右サイドのバリエーショ
ンとネイツの起用法

一方攻撃面でも多少の不安が残っています
左サイドでの形はできるのですが、その後がなかなか…
トップ下のやまとも左サイドの組み立てに参加するので、まん中でのアイデアが乏しくなってしまうのです
もう少しワントップもボールを引き出す動きがないとちょっとキツいですね


そして、裏へのチャレンジ
これに関してはあまり深い意味はありません(笑)
「難しいことばかりやるのもいいけど、楽に点取れる時は取っちゃおうぜ!」みたいな短絡的な発想です(笑)
DFは背後取られるのは嫌ですしね


最後にネイツの起用法
ネイツはCFで起用されたり、二列目で起用されたりと関さんを一番悩ませていることの一つでしょう
ネイツのプレーを見ていると、彼はゴール付近でのプレーを好んでいるようです
ですが、ネイツのワントップは詰まる印象があります
ポストプレーは得意としていませんし、裏へのチャレンジもめったにしません
ですが、彼の決定力は今のうちの武器です
関さんが外せないのも無理はありません
問題はどこで起用するかなのです
まあ、僕としてはトップ下とかで起用するのが一番だと思いますが…(笑)
とにかく、ネイツがとこで起用されるか楽しみですね

という感じで書きなぐってきましたが、とにかく徳島相手なので勝ちたいですね
フクアリでは一度しか勝ててないですからね


上手くいかない時ほど組織力が試されます
僕らサポーターは選手たちの為に声援を送り続けましょう


WIN BY ALL


« これからも いつまでも | トップページ | 久々の勝利 守備の改善と課題(vs徳島 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8.1 徳島戦に関するアレコレ:

« これからも いつまでも | トップページ | 久々の勝利 守備の改善と課題(vs徳島 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31