« J2昇格を果たしたレノファ山口に関するレポート(攻撃編) | トップページ | 新年のご挨拶 »

2015年12月19日 (土)

ジェフU-18vs武南でのヒトリゴト

こんばんは

本日はジェフU-18のプリンス参入戦を見に東京の駒沢まで行って来ました

寒かったし、遠すぎました…(笑)

それでもどうしても見に行きたくて気合いで行って来ました


しかし、結果は残念なものとなってしまいました…


振り返ってみようと思います

1450514215607.jpg
フォーメーションはいつも通りの4141
ジェフユースの攻撃の形はサイドでWGとインサイドハーフとSBがサイドで三角形を形成し、トレーラーを狙ったり、サイドを崩したりというのが大元の形です
それ+状況に応じた中央突破などです


序盤はシンプルに攻める武南がペースを握り、早い段階で失点してしまい、立て続けに二点目を取られたり、武南にとってはできすぎた前半でした

特に武南のFWがサイドに流れてSBの裏を狙うカウンター、サイドの崩しは見事なものでした
これほど見事なチーム戦術による崩しがあるのに選手権2回戦敗退には驚きましたね…


ジェフユースとしては相手をハメるというよりは相手のミスを待ちながら守備をするシーンが多く、スペースに入ってくる選手をつかまえきれないシーンがありました

攻撃ではジェフユースは崩しきれないシーンが多くSBの裏を使われることがよくあり、カウンターを多く受けてしまっていました

武南にとっては狙いが上手くはまる状況でした

後半に入るとジェフユースは横の展開が増え、相手を揺さぶるシーンが増えました
その結果ボールを運ぶこともスムーズになり、チャンスを作りかけますが最後が噛み合わず…

逆に三点目を奪われてしまい厳しい状況に陥りました

しかし、終盤になると思いきりのいい攻撃が増え、相手を押し込みます
その結果二点を返すことに成功しますが、三点目は奪えず敗戦となってしまいました

この試合で武南はジェフユースのアンカーに必ず1枚つけていました
その結果ジェフユースのCBがFW脇から運ぶシーンが多かったです

しかし、ジェフユースのストロングポイントであるサイドの崩しはあまり見られませんでした

武南が後ろはほぼマンマークをつけていたため、サイドで数的優位を作れずに奪われることが多かったです


これに対しジェフユースは前半崩しきれなかった後のセカンドオプションが足りないように思えました
後ろに戻してやり直したくても、それをできないシーンが目立ちました
サイドで相手選手をよせて、逆サイドに展開するシーンが増えれば、相手はスライドせざるをえないのでジェフユースの強みであるサイドからの崩しがもっと見られたかもしれないですね

後半は焦らず崩しきれなくても後ろに戻してやり直したり、逆サイドに展開したりすることができていてスムーズに前にボールを運ぶことができました


代表監督のハリルホジッチさんはジェフユースのようなサイドの外外の攻撃が上手くいかないと見れば、選手を中央に寄せて中中の攻撃に変えたりなどする人です

今日の武南も二列目の守備に関してはあまり機能的ではなかったので真ん中で数的優位を作り、ずらしながら…というのもアリだったと思いますが、江尻さんは自分のスタイルを貫きましたね
やっぱり強みであるサイドから崩したかったのでしょうね


そして、武南はアンカーやサイドだけではなく、インサイドハーフ2枚にもDMFが2枚ともマンマークしていました

その結果真ん中が空き、小澤への縦パスが通りやすくなっていました

1450514216634.jpg こんな感じに


ジェフユースの選手もそれに気づいており、小澤への縦パスがどんどん通ります

しかし、縦パスが入った後のフォローが遅く、奪われてカウンターを食らうシーンがありました


こういう場面では「FWなんだからちゃんとおさめろよ!」と思う人がいるかもしれませんが、中央で楔を受けてるわけですから完璧におさめて奪われない選手がいる方がまれです

なので、縦パスが入ったあとのフォローがとても大切になりますし簡単にボールを前に運ぶことができます


…と試合全体の感想はこれくらいですかね
もっと細かなことも書ければいいのですが、長くなるのでここら辺にしておきます(笑)


この試合、ジェフユースにとってはとても難しい試合だったと思います

思うようにボールと試合を運べず、逆に武南の思い通りの攻撃を受けてしまう…
それでも後半の終盤の出来と追い上げは素晴らしかったです


トップ昇格の選手含め、3年生にとっては最後の公式戦となりました

とても悔しかったはずですし、試合後には泣き崩れる選手もいました


ですが、選手としてはまだ終わったわけではないですから、それぞれがそれぞれの場所で精一杯頑張って活躍できることを願っています


今日駒沢にかけつけたファンのみなさん、ジェフのスタッフのみなさん、そして江尻さんとジェフユースの選手のみなさん、本当にお疲れさまでした!

来季こそプリンスに昇格できるように頑張っていきましょう!!


ほいじゃまた!!

« J2昇格を果たしたレノファ山口に関するレポート(攻撃編) | トップページ | 新年のご挨拶 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェフU-18vs武南でのヒトリゴト:

« J2昇格を果たしたレノファ山口に関するレポート(攻撃編) | トップページ | 新年のご挨拶 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31