« ニューイヤーカップ ジェフvsアビスパのレポート | トップページ | シティvsトッテナムでのヒトリゴト »

2016年2月12日 (金)

【J2昇格チーム対策】町田ゼルビアに関するレポート

こんばんは


本来ならレノファさんのレポートを書いた直後に出せればよかったのですが、サボってしまいました…
すいません


今日はJ3で2位となり、入れ替え戦に勝利してJ2復帰を果たした町田ゼルビアに関するレポートです


ゼルビアさんと言えば、我らがジェフのトリックスター谷澤達也選手が今季からレンタルで加入したチームです
2012も戦ったことがありますが、その時は1勝1敗でした
おそらく、その時よりはパワーアップしていると思いますので、自分なりにレポートをあげます

ゼルビアさんの一番の売りは守備の堅さです
J3で36試合中リーグ最小の18失点を記録しました
1試合平均0.5失点ですね
非常に少ない失点数です


なので、今回はゼルビアさんの守備について色々書いてみます


ゼルビアさんの守備の特徴はDFラインを高く保ち、前からプレスをかけて相手をハメに行くことです
相手の体の状態を見てFWがスイッチ役で出ていけば、後ろの選手が連動しながら前に圧力をかけていくやり方です


1455271279753.jpg
相手のボール回しを見ながら…


1455271280356.jpg
この後ろ向きのボランチにボールが入ったときにFWがスイッチを入れます

1455271280896.jpg
そして、後ろもついてきて潰しにかかります


1、まずは守備の陣形を整える
2、相手のボール回しを見ながらスイッチを早めに入れる
3、スイッチが入れば後ろも連動しながら前ではめる


これがゼルビアさんの基本の守備のやり方です


更にゼルビアさんは攻撃時にはSHがかなりボールサイドに寄ってきます
そうすることによって、ボールを奪われた後も素早くボールに行けるよう工夫がされています


このやり方でJ3最小失点を記録したゼルビアさん
ですが、いくつか試合を見ていると怪しいシーンが少し見受けられました


例えばこういうシーン


1455271281521.jpg
相手のアンカーがボールを持ちます
ゼルビアさんは一旦撤退します


1455271282005.jpg
すると、相手にFW脇のトレーラーにボールを運ばれます
ゼルビアさんはここでもファーストディフェンスが決まらず相手がフリーでボールを持ちます

1455271282413.jpg
ゼルビアさんのDFラインは高めに設定されているので、裏を取られてしまいます


1455271282925.jpg

1455271283438.jpg
そして失点してしまいます

前プレのチームはファーストディフェンスが決まらないと高めに設定しているDFラインを突破されて失点…というケースはよく見受けられます


特に夏場は前プレを行うと疲労がたまりやすいので、こういう風にファーストディフェンスが決まらず失点を食らってしまうなんてこともよくあります(まさに去年のうちです…(笑))


ゼルビアさんの場合、相手のボランチの守備担当もFWが担当することが多く負担が大きい構造にもなっているとは思います


なので、ファーストディフェンスが決まらない場合の守備のセカンドオプションも揃っていれば、いいのかなと思いました

逆に、我らがジェフとゼルビアさんの試合は夏に1試合行われますし、そういうところも狙いの1つなのではないかと思います


・最後に
ジェフとゼルビアさんが最後に公式戦で対戦したのは2012年
ゼルビアさんのホームでは大勝したのに、フクアリでは苦い思いをしました

今年のゼルビアさんは以前よりパワーアップしていると思いますが、2試合とも勝てるように頑張ってほしいです

(ヤザーととっしーの恩返しゴールだけは勘弁してくださいな…(笑))


ほいじゃまた!

« ニューイヤーカップ ジェフvsアビスパのレポート | トップページ | シティvsトッテナムでのヒトリゴト »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【J2昇格チーム対策】町田ゼルビアに関するレポート:

« ニューイヤーカップ ジェフvsアビスパのレポート | トップページ | シティvsトッテナムでのヒトリゴト »

フォト
無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31