« 松本vsジェフでのアレコレ | トップページ | ジェフvsセレッソのプレビュー »

2016年3月27日 (日)

ジェフvs群馬のアレコレ

アルウィンの初勝利で連勝したジェフ
一昨年以来の3連勝を目指したのですが、なかなか相手の守備を崩せずにスコアレスドローに終わりました


これで3試合負け無しとはなりましたが、その3試合で2しか取れておらず得点力不足に悩まされているように見えました
シュートの質の部分はもちろんなんですが、一番は攻撃の組み立ての部分がまだまだなことが原因かなと


最近の僕はジェフのビルドアップをよく見るようにしています
なので、ブログを見ていただいている方の中には「まーたこの話かよ…」って思う人もいらっしゃると思いますがご了承下さいませ…(笑)

というわけで、今日のレポートの内容も攻撃の部分で書いていきます
では、試合を振り替えってみましょい

まず両チームのスタメンです

1459052409195.jpg

1459052409860.jpg

両チームともスタメン変わらずです

さて、この試合は僕はジェフのビルドアップに注目していました
なぜかというと、群馬のサイドの守備は人への意識が強いために、群馬のSBとCBの距離が広がりやすくなっていたのと、SHとDM(ボランチ)の距離が広がりやすくなっていたためです

1459052410354.jpg


1459052410773.jpg

関塚さんは試合中に「サイドから!」と言っていましたが、それは相手の距離を広げたかったのでしょうね


そんな群馬の守備を前にジェフはサイドからビルドアップをしていきます
すると、案の定群馬のSBとCBの距離が広がります
それを見たジェフはFWの二人が群馬のSBとCBの間のスペースから前進しようとしていきます


1459052411268.jpg


1459052411660.jpg


1459052412097.jpg


ジェフは前半のほとんどはこの形から前進できていたと思います
欲を言えばこの形で前半のうちに点が欲しかったのですが…
この形で前進→SHが絡んできていい攻撃を出せていたのですが、群馬も慣れて通用しなくなっていきました


今年のジェフの序盤はSHが中目にポジショニングして4222でビルドアップするスタイルでスタートしたのですが、開幕戦でなかなかうまくいかず
それにより、SHを外にポジショニングさせるように変更
それにより相手を広げることはできているのですが、なかなか前進できずに苦しむ試合がほとんどのように見えます
それが結果として得点力不足に現れているように思います

なので、ここからは僕なりに考える+α案を出します
他チームの映像を使いますが、ご了承下さい

ジェフはビルドアップでサイドを使うことを意識しているのですが、相手チームも研究してきて「サイドで追い込めればOK」というチームは増えてくると思います
群馬もそういう指示を受けていたはずです

それを見ての+α案です
使う映像はJ1の大宮vsレイソルでのレイソルのビルドアップです

ちばぎんをご覧になった方も多いと思いますが当時の監督のメンデスさんはSHとSBに幅をとらせて、ジェフと同じようにサイドからビルドアップを仕掛けます
しかし、ジェフと違うのはSHの動きです


1459052412582.jpg


1459052413113.jpg


1459052413618.jpg

レイソルのSHはタッチライン付近から斜めに落ちてくる動きを多く取り入れていました


この動きからボールを受けることによって、誰が寄せにいくのか曖昧になりますし、群馬のようにSHとDMの距離が広がりやすいチームが相手だと前進しやすくなると思います


例え、この斜めに落ちてきた選手に守備側がSBをつけると攻撃側のサイドに張っているSBが裏を狙えますし、守備側がDMをつけると…


1459052414149.jpg

攻撃側のDMがフリーになります


メンデス監督はロングパスも交えて攻撃していこうと言っていたようですね
DMがフリーになることでサイドを一発で変えることもできますし、スムーズに前進できますし、勝負を仕掛けられるSHがジェフには揃っているのでそこでの強みを出すこともできるでしょう

ジェフはビルドアップで苦戦することがあるので多少の工夫が必要になってくると思います
この群馬戦はまさにそういう試合だったと思いますし、もっとチャンスを作れたんじゃないかな…と思います
この課題をクリアできるかどうかで今後の成績にも関わってくるかもしれないですね


試合のレポートは以上です
守備でも弱点があることは事実なのですが、ジェフはボールを持つ時間が多いチームです
ですから、ボールを持てるという利点を生かして点を取りたい
そのために課題を克服すること、工夫が重要になってくると思います


さて、ここからは小話をひとつ

最近エウトン選手と吉田選手の起用法による話をTwitterでよく見るのでそのことについて


ジェフの今年の守備の弱点として、
1 FW脇から運ばれる
2 FWから運んできた選手に対してジェフのDMが食いつく→そのDMのスペースを使われる

があります


まず、吉田選手を起用する理由としてはこの守備の弱点を克服する役割ができるからだと思います
吉田選手はFW脇から運ぼうとする選手に対してしっかりとチェイスをかけることができますし、守備のスイッチを入れることができます


おそらく、関塚さんはそれをにらんで吉田選手を起用していると思います(実際、開幕2試合でその弱点から失点していましたし…)


ですが、船山選手のパートナーとしての関係性がいいのはエウトン選手の方だと思います

群馬戦で途中から入ったエウトン選手は船山選手といいチャンスを作っていました
吉田選手に替えてエウトン選手をいれる時間が比較的早かったのは、おそらく弱点を使われる恐れがなかったからだと思います


…という感じでどちらの選手を起用しても利点は得られます
ですが、関塚さんとしては失点を極力減らしたいということで吉田選手がスタメンで使われるようになってきたのかもしれないですね


群馬戦を終えて5試合で3勝1分け1敗
今年は改革の年とはいえ、なかなか順調に勝ち点を稼げているのではないでしょうか

ですが、今後に向けて解決しなければならない課題はいくつかあると思いますし、去年の反省を生かしてここからどんどんエンジンをかけていきたいところですね


次節のセレッソ戦は序盤の大きな山場となりそうです
ここで勝てれば一気に流れに乗れると思います
勝ち点3を期待しています


本日は以上です


ほいじゃまた!!

« 松本vsジェフでのアレコレ | トップページ | ジェフvsセレッソのプレビュー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェフvs群馬のアレコレ:

« 松本vsジェフでのアレコレ | トップページ | ジェフvsセレッソのプレビュー »

フォト
無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31