« ジェフvs金沢のアレコレ | トップページ | ジェフvs町田のアレコレ »

2016年4月14日 (木)

【CL】アトレティコvsバルサのアレコレ

最近Jリーグが開幕してしばらくJリーグを中心に見ていたので、久々にしっかりと海外サッカーを見た気がします
来シーズンからは僕が崇拝するアンチェロッティ氏がバイエルンの監督として現場に復帰するので、もっと真面目に見ようかなと思っています…(笑)


さて、今回はCLのアトレティコとバルサ戦のレポートです

同国同士の対戦ですね
さっそくスタメンから


1460624823940.jpg
アトレティコが442


1460624824534.jpg
バルサが433

マッチアップはこんな感じです

1460624825056.jpg

バルサはホームでのファーストレグを2-1で勝利
つまりアトレティコは点を取れないと勝ち上がれません
そんなアトレティコは前半から積極的に前からプレスをかけていきます

バルサにはMSNという強烈な3トップがいますので、一見リスクが高いように見えますが前半はアトレティコの守備がハマります
なぜならMSNが楽な形でボールを受けられないから


1460624825571.jpg


1460624826033.jpg

画像見るとアトレティコはFWを必ずブスケツ選手のところにつけています
バルサ対策としてはどのチームがやることですね
そしてバルサのインサイドハーフにはDMが対応できるようになっていました

図を使うとこんな感じ

1460624826557.jpg
これを見るとわかるのですが、バルサ(黄色)のCBが1枚空いてます
この空いてるCBにボールがわたったときはバルサのアンカーのブスケツ選手についてるFWが寄せていくことが多かったですかね
もう1枚のFWがそのまま二度追いするシーンもあったのですが、FWの2人が与えられた守備の仕事をしっかり行えるのはアトレティコの強みかなと思いました

あとはFWが前へプレスをかけに行ったときの後ろの連動もしっかりされていて、やっぱりJよりも全然レベルは高いなと
ジェフの試合を見てても前がプレスをかけに行っても後ろが連動できないことがありますし
しかし、アトレティコや世界の強豪クラブの選手はボールと味方の位置を見てどんな守備を行えばよいのかを熟知しています

ジェフもそんなチームになれたらな…と願ってはおりますが…


そんなアトレティコの守備にバルサはどう対応したのか
1つはインサイドハーフをサイドに開かせる動きでした

1460624827014.jpg
イニエスタ選手が開いてますね

先ほど書いたようにアトレティコはDMがバルサのインサイドハーフにつきます
よってインサイドハーフが開くことで真ん中が開きます


1460624827537.jpg

1460624828048.jpg

これはバルサのビルドアップについてはバリエーションの1つにしか限らないのですが、インサイドハーフが外に開いたりするシーンは多かったですかね
イニエスタ選手はネイマール選手のためにスペースを作っていたり、ラキティッチ選手はメッシ選手が釣ったSBの裏に走ったり…とバルサのインサイドハーフの動きを見るだけでも結構楽しいもんです

ですが、アトレティコの強固な守備に苦しみます
メッシ選手とネイマール選手には必ず1枚つけているような状況でしたのでなかなか自由にプレーできず
相手を押し込んでもアトレティコはFWが2列目に戻って守備したりするのでスペースをなかなか作れず
バルサはシュートに持ち込めない時間が続きました


一方のアトレティコの攻撃はシンプル
バルサはDFラインを高めにしているのと、身長がそこまで高くないのでロングパスを中心に攻めて行きます
それが実を結んだのは36分

グリーズマン選手のヘディングシュートで先制します
バルサのクロス対応はいいとは言えず、前半の初めの方でもグリーズマン選手にフリーでヘディングシュートされるシーンもありましたね

前半はアトレティコが1点を先制して終了します

後半のバルサはビルドアップの形を変えます
ブスケツ選手をDFラインまで下げ、3バックのような形でビルドアップしていきます

1460624828547.jpg


インサイドハーフの二人をできるだけ前に残したかったのかもしれません
これによりバルサはアトレティコのFW脇から運べるようなシーンが増えていきます

アトレティコは徐々に押し込まれていきます

それを見たアトレティコはCBへの対応を捨てて451で対応していきます

1460624829126.jpg

本来ならここでジリ貧になってしまうことが多いです
しかし、そこでジリ貧にならないのがアトレティコ
グリーズマン選手が一人でゴール前まで持ち込めるので、バルサにチャンスを作られつつも恐怖感を与えていきます

すると後半の終了間際でした


ボールを奪ったアトレティコのルイス選手のとこからカウンター開始
そのままゴール前まで持ち込みグリーズマン選手へラストパス
すると、イニエスタ選手がハンドを犯してPK
それをグリーズマン選手が決めて2-0に


バルサはピケ選手をパワープレーで前に上げていたので、それが仇となってしまいました

終盤はアトレティコのハンドがPKだったような気もするシーンやらバルサにチャンスがあったりしましたが決められず


アトレティコが2-0で勝利し、2戦合計でも3-2として逆転突破を決めました


久々にしっかりと海外サッカーを見ましたが、やっぱり面白いです
まさかバルサがここで負けるとは思わなかったですし、アトレティコあっぱれという感じでした

バルサのビルドアップの工夫など見られたのですが、アトレティコは与えられた守備の仕事をしっかりこなしていましたし、バルサの倒しかたのセオリーを見たような試合でした

さて、ジェフは今週は町田戦ですね
J3からの昇格組とはいえ、強いです
町田は守備は結構硬いチームなので、今週もジェフはビルドアップがキーポイントになりそうです
町田のレポートは前に書いたのでそれを読んで頂けたらなと思います

ほいじゃまた!

« ジェフvs金沢のアレコレ | トップページ | ジェフvs町田のアレコレ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【CL】アトレティコvsバルサのアレコレ:

« ジェフvs金沢のアレコレ | トップページ | ジェフvs町田のアレコレ »

フォト
無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31